トップに戻る
<< 体制の保障 | main | 文在寅と李承晩 >>

中庸の続き

昨夜次男坊が FM NORTH WAVE と FM AIR-G' にアルバム宣伝のために出演していた。
昔は会話もたどたどしかったのに、回数を重ねるとそれなりになって、そこそこ会話も繋がるようになってきて何となく芸能人っぽくなってきたなあと思った。
人間って慣れてくると世界が広がってくるもんだね。

何でも最初はおっかなびっくりだけど、経験を重ねると多少のことでは動じなくなる。勿論最初から動じない肝の据わった人間も少なからず存在するけれど、やっぱり色んなことを体験したりして、経験として積み重ねていくのは大切なことなんだなあと実感した。

先日シリアから無事帰国できた安田さん、久々に自己責任論が話題になって賛否両論だけれど、開放のために巡り巡って国費が動く(若しくは動いた)のは確実なので、ジャーナリズムの重要さと安易に拘束されてしまった無謀さを比較すると、後者の意見が多いのは止むを得ないのかもしれない。

慣れは大切なことだけれど、節度はもっと重要なんだろうね。
やっぱ「ほどほど」を一番大切にしなきゃね。

次男坊を褒める訳じゃないけど、彼は僕よりずっと中庸さを持ち合わせている。

えらいわ。
comments (0) | trackback (0)

Comments

Comment Form


スパム対策のため、お名前は英字での入力を避けて下さい。削除されてしまいます。

Trackback

Trackback URL : http://cullet.qee.jp/blog/sb.cgi/203
* New Entry *
* Comments *
* Trackback *
* Archives *
* Profile *
* Other *